タイ仕事

タイ営業職の求人3つのポイントと就職後のキャリアについて

タイ営業職の求人3つのポイントと就職後のキャリアについて

この記事では、求人に応募する前におさえておきたい3つのポイントと就職後のキャリアパスについて記載しています。

 

どのくらいのお給料がもらえるのか

タイの営業職に関する求人100件を分析した結果は下記の通りです。

 

タイの営業職の求人に関するグラフ①お給料

1番多い求人は6万バーツ代、次は5万バーツ代となりました。中央値でみても6万から7万バーツです。

全体として5万~8万バーツの求人が多いです。7万バーツ以上の求人であれば給料の高い求人であると言えます。

ポイント

営業職の場合、月給にプラスしてインセンティブをもらえる会社もあり、結果次第では、月の給料UPも可能な職種です。

 

就職前におさえておきたい3つのポイント

タイの営業職の求人に応募する前に下記の3つのポイントをおさえておきましょう。

  • 年齢制限
  • 営業経験・社会人経験
  • 語学スキル

 

年齢制限

年齢制限を設けている求人に記載されている年齢制限は下記の通りです。

バンコク求人の年齢制限

 

35歳までは9割の求人に応募できるのに対し、35歳を超えると応募できる営業職の求人が半分以下になりました。

ポイント

35歳までを一つの募集目安として考えられていると言えます。

 

営業経験・社会人経験

求人票上『営業経験または社会人経験』に関する情報は下記の結果になりました。

9割近くの会社が営業経験または社会人経験を求めています。

次に、求人票上の営業経験または社会人経験に関して、年数の記載があったものをまとめた結果は下記の通りです。

2年以下の経験があると18%の求人にしか応募できないのに対し、3年以上の経験があれば68%の求人に応募できるようになります。

5年超の営業経験または社会人経験ですべての求人に応募することが出来るようになります。

年齢制限とあわせてみると、タイの営業職の求人は社会人としてビジネスマナーのある35歳未満の若手が求められていることがわかります。

タイ現地法人内での研修制度が備えられていないケースが多いためだと思います。

ポイント


面談・面接の際に、身なり・姿勢から基本的なビジネスマナーがあることをきちんとアピールしましょう。

 

語学スキル

求人票に記載されている語学スキルに関する記載は下記の通りです。

バンコク求められるスキル

9割以上の会社で語学スキルを求めていることがわかりました。

そして、語学スキルが必要と記載した会社のうち、英語・タイ語の両方、または英語・タイ語のどちらかが必要かどうかは次の結果になりました。

タイの営業職の求人に関するグラフ⑤

1番多い求人は「英語が必要」49%、次いで「タイ語・英語のいずれかが必要」36%でした。そのため、英語ができれば85%の求人に応募できると言えます。

ただ、個人的には、語学スキルを求めているとしても求めるレベルに関してはバラつきがあるように感じます。

社内公用語を英語に設定している様な会社では、当然高い英語力が求めらますが、社内公用語を英語に設定していない様な会社では、社内のタイ人も英語が得意ではないため、そこまで高度な語学スキルは求められていないケースも多いです。

入社後に、社内のタイ人との協力や簡単なコミュニケーションが求められるケースが多いため、求人票上、語学スキルを求めているものだと思います。

ポイント

現時点で語学スキルが十分に無い場合にも、タイ人とコミュニケーションをとる姿勢、入社後に勉強する姿勢を上手く相手に伝えることが大切です。

 

キャリアパスについて

就職後の将来のキャリアパスについて一緒に考えていきましょう。将来を考えるときのキャリアプランの参考にしていただけると嬉しいです。

経験上、私はタイの営業職のキャリアパスは下記の2つがあると思います。

  • タイ現地法人の責任者(会社の社長)を目指すキャリア
  • タイでのキャリアを活かして日本で転職するキャリア

 

タイ現地法人の責任者を目指すキャリア

タイ現地法人の責任者を目指すキャリアのメリット・デメリットは下記の通りです。

メリット

  • 責任者としての経験を積むと、同じポジションで転職し易くなる。
  • 高い給与のままタイに長く居られる。

デメリット

  • 駐在員が居る限り責任者のポジションにつくことは難しく道のりが険しい。
  • 日本の年金に長期間加入しないためタイで老後のライフプランを考える必要がある。

ポイント

生涯現役でタイの社長を続けたい人には向いているキャリアコースと言えます。

 

タイ現地法人の責任者を目指す方法

タイ現地法人の責任者を目指す方法は下記の2つが考えられます。

  • タイにある日系人材紹介会社の求人に応募する方法
  • 日本でタイ駐在員の求人に応募する方法

 

タイにある日系人材紹介会社の求人に応募する方法

タイにある日系人材紹介会社に登録しタイ現地法人の責任者の求人に応募する方法です。

ポイント

タイ現地法人の責任者の求人の応募要件を満たしているのでは、説明するまでもなく、この方法が最も簡単です。

 

現時点でタイ現地法人の責任者の求人の応募要件を満たしていない場合には、駐在員登用制度のある日系タイ法人に転職するという手も考えられます。

ポイント

現地採用で入社後、駐在員になり、その後タイ現地法人の責任者を目指すステップになります。

 

日本でタイ駐在員の求人に応募する方法

日本の人材紹介会社も実は海外駐在員の求人案件をもっています。

駐在員は日本から出向されるため、日本本社が採用をするためです。

そのため、これから海外で働きたいと考えている人や、現に海外で現地採用として働いていて転職を考えている人にも、現地の人材紹介会社よりも日本の人材紹介会社の駐在員となる求人に応募したほうがおすすめです。

注意ポイント

日本の人材紹介会社であればどこの人材紹介会社でもいいと言うわけでありません。

 

人材紹介会社によって、ターゲット層や持っている求人の職種が異なり、自分に合った人材紹介会社に登録する必要があります。

駐在員となるための人材紹介会社を選ぶポイントは下記の2点です。

ポイント

  • 駐在員の求人案件を持っているか
  • 人材紹介会社のターゲットユーザーとマッチしているか

海外での求人案件のある、おすすめの人材紹介会社を記載します。

管理部門に特化した人材紹介会社

公式サイト⇒ 【管理部門特化型エージェントNo.1のMS-Japan】

特化型エージェントならではの高い専門性をもつキャリアアドバイザー多数在籍しています。

キャリアアドバイザーが全面的にサポートしてくれる人材紹介会社

公式サイト⇒マイナビエージェント

主なターゲットユーザーは20代~30代のビジネスパーソンです。

自己PR、履歴書・職務経歴書などの応募書類一式についての客観的アドバイスや、書類応募、面接日程の調整や条件交渉、企業への応募や面接の日程調整など転職活動中に発生する企業とのやり取りをキャリアアドバイザーが代行してくれるため、若手ビジネスマンにおすすめです。

 

タイでのキャリアを活かして日本で転職するキャリア

タイでのキャリアを活かして日本で転職するキャリアのメリット・デメリットは下記の通りです。

メリット

  • 海外経験や語学スキルが評価される。
  • 日本の厚生年金に加入できる。

デメリット

  • 日本で働くことになる。

ポイント

3年から5年の海外経験を積み円安のときに日本で転職するのが有利のように思います。

円安のときの方が、バーツでもらっている給料が円で見たときに高くなっているためです。

 

タイでのキャリアを活かして日本で転職する方法

日本の人材紹介会社に登録することの一択です。

先ほど紹介した人材紹介会社は日本国内案件もあるため、海外駐在員の求人と日本国内の求人の両方を見ることが出来ます。

海外駐在員の求人案件を持っている会社のエージェントの方が、タイでのキャリアに関する理解が早いと思います。

ポイント

求人を見る前に初めからどちらか一択を選択するのではなく、両方の求人を見てからじっくりと検討した方が良いです。

管理部門に特化した人材紹介会社

公式サイト⇒ 【管理部門特化型エージェントNo.1のMS-Japan】

特化型エージェントならではの高い専門性をもつキャリアアドバイザー多数在籍しています。

キャリアアドバイザーが全面的にサポートしてくれる人材紹介会社

公式サイト⇒マイナビエージェント

主なターゲットユーザーは20代~30代のビジネスパーソンです。

自己PR、履歴書・職務経歴書などの応募書類一式についての客観的アドバイスや、書類応募、面接日程の調整や条件交渉、企業への応募や面接の日程調整など転職活動中に発生する企業とのやり取りをキャリアアドバイザーが代行してくれるため、若手ビジネスマンにおすすめです。

 

最後に

タイでの求人に関しては、30代半ばまでの営業または社会人を3年ほど経験した英語スキルのある人であれば職を探すのは苦労がなさそうです。

タイ現地法人内では研修制度がないため、社会人としてのマナーがあることをアピールしましょう。

個人的には、就職・転職時に、駐在員の求人に応募できるのあれば、タイにある人材紹介会社に登録する前に、日本の人材紹介会社で駐在員案件を探した方が良いように思います。

駐在員の場合、日本の厚生年金を維持でき、給料もポジションも高いためです。

いま、現地採用で頑張っている人も、駐在員の求人の募集要件を満たしている場合もあるため、余程、今の会社が好きで離れらないというわけでなければ、駐在員への転職を検討されてみてはと思います。

 

人気記事

タイ・バンコクで働くまでの流れと、失敗しない求人の見つけ方

タイ・バンコクで働いている私の経験から、バンコクで働くまでの流れと、失敗しない求人の見つけ方や、おすすめの人材紹介会社を紹介します。

海外居住者がすすめる日本で作っておくと便利なクレジットカード

これから仕事で海外に行く人や海外移住を考えている人向けに、実際にタイに住んでいる私が日本で作っておくと便利なクレジットカードを紹介しています。
実際に海外で生活してみると思いのほか、日本のクレジットカードを使う機会が多いです。

おすすめ記事

タイで働く営業職のキャリアアップについて考える 1

タイで働いている営業職の将来のキャリアについて一緒に考えていきましょう。将来を考えるときのキャリアプランの参考にしていただけると嬉しいです。   タイで働いている営業職のキャリアパスについて ...

海外居住者がすすめる日本で作っておくと便利なクレジットカード 2

これから仕事で海外に行く人や海外移住を考えている人向けに、実際にタイに住んでいる私が日本で作っておくと便利なクレジットカードを紹介します。 海外で生活するのであれば、現地でクレジットカードを発行できる ...

タイで働く人におすすめの英語学習法 3

英語が上達したいと思っていても、何から始めていいかわからず、なかなか学習が始められずに悩んでいる人は多いと思います。私もそうでした。 この記事では、タイで働く人向けにおすすめの勉強法を記載しています。 ...

おすすめのタイ語学習法 4

タイ語が上達したいと思っていても何から始めればいいかかわらず、なかなか学習が始められずに悩んでいる人は多いと思います。 タイ語学習は英語学習と違い、市販の教材が充分になく、独学で学習するのは非常に難し ...

海外居住者でも口座開設ができるFX業者を紹介します 5

海外に住んでいると実際に為替変動を体感でき、日本に居た時よりも視野が広がるためFXに興味を持つ人が大勢いると思います。 しかし、現地のFX業者を使うとなると、利用規約や取引画面も含め言葉の壁や、現地の ...

-タイ仕事

Copyright© タイで働く , 2020 All Rights Reserved.