タイ生活

(2020年)タイと日本の祝日について

(2020年)タイと日本の祝日について働き始めると気になるのがタイの祝日事情ですね!祝日の取り決めとしてタイと日本で大きな違いがあります。

※4月13日から15日のソンクラン休日は延期されています。延期後の代わりの祝日の日程は今のところ未定。

 

祝日の詳細

それぞれ詳しく見ていきましょう。

日本 タイ 
1月1日 元日 1月1日  元日 
1月13日 成人の日    
2月11日 建国記念の日 2月10日   万仏節(振替)
2月23日 天皇誕生日(振替)    
3月20日 春分の日     
4月29日 昭和の日 4月6日   チャクリー王朝記念日
    4月13日  タイ正月
    4月14日   タイ正月
    4月15日 タイ正月
5月3日 憲法記念日  5月1日   メーデー
5月4日 みどりの日  5月4日  国王戴冠日
5月6日 こどもの日 (振替) 5月6日 仏誕節
    6月3日 王妃誕生日
7月23日 海の日  7月6日   三宝節(振替)
7月24日   7月28日   ワチラロンコン国王誕生日
8月10日 山の日  8月12日   シリキット王妃誕生日
9月21日 敬老の日    
9月22日 秋分の日    
    10月13日   ラマ9世記念日
    10月23日   チュラロンコーン大王記念日
11月3日  文化の日     
11月23日  勤労感謝の日     
    12月7日   ラマ9世誕生日(振替)
    12月10日   憲法記念日
    12月31日 年末休暇
合計 16日  合計   19日

 

まとめ

単純に日数を比較するとタイの方が祝日日数が多くなりました。

一方、日本では上記祝日とは別に、お盆休みや正月休みを設ける会社も多いです。

労働法上は、日本には祝日に関する規定はないため、就業規則により各会社ごとに定めています。よって祝日を休みとしなくても労働法違反になりません。

タイは労働者保護法により、年13日以上の祝日を休日として与えなければいけないとされています。

そのため、ホワイト企業であれば、タイより日本の方が休みが多いと言えます。

 

人気記事

タイ・バンコクで働くまでの流れと、失敗しない求人の見つけ方

タイ・バンコクで働いている私の経験から、バンコクで働くまでの流れと、失敗しない求人の見つけ方や、おすすめの人材紹介会社を紹介します。

海外居住者がすすめる日本で作っておくと便利なクレジットカード

これから仕事で海外に行く人や海外移住を考えている人向けに、実際にタイに住んでいる私が日本で作っておくと便利なクレジットカードを紹介しています。
実際に海外で生活してみると思いのほか、日本のクレジットカードを使う機会が多いです。

おすすめ記事

タイで働く営業職のキャリアアップについて考える 1

タイで働いている営業職の将来のキャリアについて一緒に考えていきましょう。将来を考えるときのキャリアプランの参考にしていただけると嬉しいです。   タイで働いている営業職のキャリアパスについて ...

海外居住者がすすめる日本で作っておくと便利なクレジットカード 2

これから仕事で海外に行く人や海外移住を考えている人向けに、実際にタイに住んでいる私が日本で作っておくと便利なクレジットカードを紹介します。 海外で生活するのであれば、現地でクレジットカードを発行できる ...

タイで働く人におすすめの英語学習法 3

英語が上達したいと思っていても、何から始めていいかわからず、なかなか学習が始められずに悩んでいる人は多いと思います。私もそうでした。 この記事では、タイで働く人向けにおすすめの勉強法を記載しています。 ...

おすすめのタイ語学習法 4

タイ語が上達したいと思っていても何から始めればいいかかわらず、なかなか学習が始められずに悩んでいる人は多いと思います。 タイ語学習は英語学習と違い、市販の教材が充分になく、独学で学習するのは非常に難し ...

海外居住者でも口座開設ができるFX業者を紹介します 5

海外に住んでいると実際に為替変動を体感でき、日本に居た時よりも視野が広がるためFXに興味を持つ人が大勢いると思います。 しかし、現地のFX業者を使うとなると、利用規約や取引画面も含め言葉の壁や、現地の ...

-タイ生活
-

Copyright© タイで働く , 2020 All Rights Reserved.