タイで働く

タイで働くには?求人の見つけ方とおすすめ人材紹介会社

更新日:



「バンコクで働きたい!」

海外で生活をしようと思ったとき、その思いは人様々です。好きでくる人もいれば、生きにくさを感じ自由を求めて来る人もいるでしょう。

生活をしていく上では、働かなければいけません。今回は現地採用として働きたい場合の求人の探し方と、流れを紹介していきます。

人材紹介会社に登録する

日本で登録をし、スカイプで面談→面接を受けることもできます。

今現在日本にいて、バンコクで働いてみたいなと思った場合は、まず初めに人材紹介会社に登録して様子を見るのがおすすめです。

今現在バンコクにいる場合も同様、何をどうしたらいいのかわからない場合、紹介会社に登録をするのがおすすめです。バンコク在住者の場合、フリーペーパーにもいくつか求人が載っています。

 

人材紹介会社・求職情報①(タイ現地に拠点を置く会社)

adeco
RGF
エコアス
⇒ personnel consultant
カモメアジア

おすすめ人材紹介会社②

日系企業、外資系企業、英語を活かしたい場合におすすめのアジア最大級のネットワークをもつ人材紹介会社。英文レジュメの無料添削や英語面接対策などを様々なサービスがあります。アジア各国の知名度が高く、日本では業界3位!
JAC Recruitment

メーオ
語学学校によっては仕事先を紹介してくれる場所もあるみたい

人材紹介会社の登録から採用まで

今回はタイに拠点を置く人材紹介会社の主な採用までの流れを紹介します。

  1. インターネットから登録する(履歴書・経歴書の添付)
  2. 担当者からメールの返信が来る
  3. (履歴書・経歴書を送付)
  4. 日本からの場合→スカイプ面談、バンコクにいる場合→現地面談
  5. 仕事の紹介
  6. 採用企業での面接
  7. 合否通知

多少の前後はありますが、主にこのような流れです。

ニック
最初の面談は主に、履歴書や経歴書からさらに詳しく聞かれ、さらに英語力とタイ語力のレベルチェックがあったよ。

 

紹介会社が採用企業に対して、なにか聞かれた時に答えるために必要とのこと。特に、勤め期間に空白がある場合「何をしていたのか」ということを中心に聞かれます。

他にも「どのくらいタイに居るのか」「なんでタイで働きたいのか」また女性の場合、結婚や今後の出産の予定などを聞かれました。

 

英語力・タイ語力チェックでは、紹介会社のタイ人の方と会話をします。それぞれの言語がどのくらいあるのかを把握するテストで、基本的に

  • 自己紹介をして下さい
  • 短所と長所を教えてください
  • なぜタイで働くのか
  • どのくらい住んでいるのか(←タイ在住者)
  • どうやって来たのか(←タイ在住者)

といった内容を英語またはタイ語で聞かれます。英語で質問された内容と、タイ語で質問された内容は違いました。

わからない場合は「わかりません」や「もう少しゆっくり話してください」でも大丈夫です。全然わからない場合は日本語で「わかりません」というのもいいそうです。

タイ語と英語はできた方がいいのか

タイ語と英語はどちらもできたことに越したことはありません。どちらかといえば、タイ語よりも「英語日常会話レベル」の求人が多いです。

もちろん、日本語のみでもOKの仕事はあります。

コールセンター以外にも、日系の居酒屋(条件:タイ語ができると望ましい)などはよく見かける求人です。また、旅行系の求人も日本語のみでOKと言う求人も見かけました。

日本語のみでかつ高給の場合、倍率がかなり高くなります。

英語やタイ語が話せれば求人の幅が広がるので、究極どちらかといえば、英語日常会話ができる方が仕事が見つけやすいですね。

 

関連記事タイで現地採用としての就職を考えている人へ

直接企業に応募する

人材紹介会社を通さずに直接応募する方法です。

この場合、企業ページに求人が載っていますが探すのが難しいのが欠点です。ふわっとした検索方法ではなく、ある程度業種を絞り求人を見つける必要があります。

人材紹介会社に乗っている求人は誰でも見れるので、そこから企業のサイトに飛び求人を見つけるという方法が探しやすいと思います。

自分で見つける場合の注意点

今ではインターネットの掲示板でも求人を募集しています。こういった場合、自分で直接応募先にメールをすることになりますが、掲載されている求人情報はあまり詳しく書いてくれていないことが多いです。

タイで働く場合に必要な『Bビザ(ビジネスビザ)』の他、『ワークパーミット(労働許可)』に関して何も言ってこない場合は注意!きちんと支給されるかどうかは確認しておきましょう。

Bビザだけでは働くことができません。不法就労は罰金と国外退去になり、向こう何年かは入国が許可されませんのでご注意ください。

 

関連記事ビザとワークパーミットの違い
⇒ 気になる最低賃金50,000Bについても記載してあります。

面談・面接ではなにを着ていけばいいの

スーツがあれば、スーツの方が好ましいですが、スーツがない場合はオフィスカジュアルでも大丈夫です。

女性の場合、ユニクロやスーツ屋さんに売られているような、オフィスカジュアルな服が理想的です。靴はパンプス、パンツは暗い色を選びましょう(ベージュは明るすぎるそうです)上の服は無難に白のワイシャツやテロっとしたシャツ(襟付き、襟なしどちらでも)をおすすめしてもらいました。

男性の場合は、仕事上今後使う可能性が高いのでワイシャツとスラックスまたはスーツがいいと思います。特に営業系の方は、スーツ着用者が多いです。

男女問わず清潔感のある服装がいいかもしれませんね。気になる方は、面談時に担当者の方に面接の時の服装を相談してみてください。

入社後は試用期間がある

タイの会社では、入社から3~4ヶ月間試用期間というものがあります。タイでは、解雇をすると解雇手当を払わなければいけないことが法律で定められています。しかし、120日以内の勤務者には解雇手当が発生しないため、この試用期間中にスキルを判断し解雇を言い渡す会社が多いです。

そのため、タイに来て1~2ヶ月で解雇になることもあるということを心に留めておきましょう。通告義務があり1ヶ月前に事前に言ってくれる会社もあれば、急に言う会社もあります。

メーオ
友達が勤める会社では、試用期間中2~3ヶ月の間で最近3人くらい解雇されたみたい。この会社に務めるためにタイに来てただけに…。

関連記事タイで就職するときに確認しておきたい6つのこと

 

 

今回のおすすめの書籍

海外を選ぶきっかけは人それぞれ。居場所を失った人々の末路バンコク・コールセンターで働く日本人の実態が描かれた1冊。

 







-タイで働く
-,

Copyright© タイで働く , 2019 All Rights Reserved.