タイで暮らす

タイ移住の1番最初かかる初期費用

更新日:



プー
タイ、バンコクで暮らすためにはいくら持っていけばいいですか!?

前回書いた1か月にかかる費用をざっと書いてみましたが、月にかかりそうなお金はわかっていても、住み始める最初の月は初期費用でさらにぐっとお金がかかります。

バンコクに行こうと思い、いろいろな人のブログを見てメールする人って多いですよね。でも意外に聞けないのがお金の質問。今回は、初めてバンコクで仕事をしようと思っている場合に必要な初期費用についてまとめていきます。

住み始めるのに最低限いくら必要か

バンコクに来た最初にかかる最低限のお金を見ていきましょう。まず必要な項目から見て、その後大まかな金額を出して計算していきます。

まずは、一番重要な家賃です。バンコクで住むための初回の家賃支払いには基本的に、初月の家賃にプラスしてデポジット(家賃2か月分)がかかってきます。

 

その月の家賃+デポジット(2か月分の家賃)=3か月分の家賃

※デポジットとは
日本でいう敷金で、家の中で損傷または家賃未払いなどがあるとこのデポジットから引かれます。基本的にバンコクでは1年契約で、契約満了時を迎え引っ越しをする際に返ってくるお金です。

1か月分の食費

安い屋台でも焼き鳥1串20B(約60円)カオマンガイ40B(約120円)お水10B(約30円)ビール40B(約120円)日本の定食屋さんの場合、安いところで200B(約600円)ラーメン250B(750円)普通の日本食だと350B~450Bくらいかかります。

(自炊する場合は食費+調味料+キッチン雑貨)

コンドミニアムやサービスアパートメントなどは、基本的にお皿やフライパンが付いていることがあります。過去3回引っ越ししましたが、1か所だけついていませんでした。

1か月分の日用品

日用品は主に、ティッシュやトイレットペーパー、ボディーソープ類です。バンコクではティッシュなどの紙類が割高です。女性の場合、25cmの昼用15枚入りでだいたい45B(約135円)です。

1か月分の交通費(電車、タクシー代、通勤代)

携帯代+SIMカード

 

最低限必要なものはこのくらいでしょう。

1週間~2週間はホテルに泊まって物件を探す場合は、ホテル代を前払いしているかと思いますが、ホテル代とは別に、宿泊時デポジットが必要な場合もあります。こういった場合は、クレジットカード預かり又は、現金を預けることになります。

 

初めて来たときに住んでいた家賃が「14,000B」だったので、仮にこの家賃で計算すると・・・

 

家賃 42,000B(約126,000円)
食費 10,000B(約30,000円)
日用品 500B(約1,500円)
交通費 1,500B(約4,500円)
携帯代500B(約1,500円)
________________________
計 54,500B(約163,500円)

 

プー
初期費用で16万円近くかかるの!?
メーオ
レート1B=3円でやってるから、レートが変わればさらに大きく変わるの。一時期レートが3.7円の時があったけど、そうなると201,650円になるわ。レートの確認も忘れないで!

交通費は、50回の回数券(1,300B)+αで1ヶ月間BTS(電車)で通勤する場合を仮定してます。

プランにもよりますが、AISのSIMカードは 500B(約1,500円)くらいです。また、携帯をデパートで買うのであれば、上記54,500Bとは別に携帯購入代 3,000B(約9,000円)~が必要となります。

 

携帯は安いアンドロイドの場合3,000B~5,000Bで購入可能ですが、日本語対応がない場合が多いです。iphoneであれば対応言語の問題はありませんが、iphoneはバンコクで買うと日本で買うよりも高いので、タイに来る前にSIMフリーのiphoneを日本で買って持ってきた方がおすすめです。バンコクの秋葉原と言われる電脳デパート「MBK」で購入で安く購入できますが、中には偽物も混ざっているので注意しましょう。

 

このケースは順調にうまくいった場合の計算です。

また、わたしは日本から調味料やカップ麺などの食料をスーツケースの半分以上入れて持ち込みました。住むところも決めずにホテルで過ごしたこともあり、70,000B(21万円)ほど持ってきましたが、結構ギリギリで大変な思いをしました。

 

お給料は働き始めたその月にもらえるのが一般的です。また、交通費は支給されないことが多いので頭に入れておきましょう。

日本で準備してきた方がいいもの

食べ物のはなし

バンコクは屋台のタイ料理以外は、思いのほか日本と変わらないことが多いです。

また、日本で食べるタイ料理とは違って薬草や辛みが強いのが特徴的です。また衛生面を見て食べられない人もいるかもしれません。日本では大好きなパクチーもタイのパクチーが食べられない人もいるでしょう。(日本のパクチーはファランパクチーでタイパクチーとは異なります)

日本食を作る場合、しょうゆ、みりん、お酒などの日本の調味料は日本の約2~3倍ほどかかります。同じくカップヌードルも100Bくらい(約300円)と高いので、お給料が出るまでの金欠時の補助食としても持ち込みがおすすめです。

メーオ
タイの飲食店を調べたいときはTripAdvisor (トリップアドバイザー) がおすすめ。飲食店評価から、地図、世界各国の方の口コミが掲載されているよ!

インターネット環境のはなし

バンコクでは、カフェや飲食店に入ると9割型フリーのWi-Fiが設置されています。外で連絡を取る必要がない場合には、カフェに設置されているフリーのWi-Fiと家に設置した有料のWi-Fiで、不便ですがしばらくはしのげるでしょう。

外で携帯を使いたい、タイで携帯を使いたい場合、SIMカードという携帯とネットを繋げる回線(プロパイダ)が必要になります。日本でいうソフトバンクやAUと同じです。違う点といえば、契約の縛りがないため気に入らない場合は切り替えが可能です。

SIMカードを購入して使う場合は、SIMフリーの携帯が必要です。

 

SIMカードは月額、またはプリペイド式があります。

タイの大手携帯会社から

すべて日本語でOKの

 

タイのWi-Fi事情は、日本のような快適さが少ないのが実情です。ホテルや飲食店の回線が悪くて繋がらないこともよくあります。

タイに来る前に日本でタイのSIMカードを何日間分か購入しておくと、着いたその日から利用できるので急なトラブルも対応できておすすめです。

お金のはなし

ギリギリになった時に助かるのがクレジットカードです。また、日本から住民票を抜くとクレジットカードが作れなくなるので、バンコクに来る前に作成しておきましょう。

バンコクはJCBのクレジットカードを持っていると割引などの優遇が多いです。日系のスーパーやデパートでは日本のクレジットカードは使用できるので、お給料が出るまでにお金に困らないためにも必ず持ってくることを強くおすすめします。

 

CMでもおなじみの「楽天カード」は、年会費無料でポイントもたまるのでおすすめ。

数か月分の海外保険も適用され、わたしも1度使用しました。今だと新規入会で5,000ポイントもらえます。わたしも使っていますが、一時帰国の際の諸々の購入や、母の日&父の日の購入にポイントを消費しています。

楽天カード

 

同じく年会費無料の三井住友VISAカード「年会費永年無料のエブリプラス 」。バンコクではJCBが使えますが、ほかの国は「JCB」ではなく「VISA」が使いやすいと言われています。将来的に他国へ旅行や移住を考えている際はこちらもおすすめ。

年会費永年無料のエブリプラス

 

また、入会金・入会料無料の海外専用のプリペイドカード「NEOMONEY 」もあります。海外のATMで引き落としができます。前チャージ式なので、使い過ぎる心配もありません。

こどもの留学や海外出張、旅行、初期費用の不安要素におすすめです。いざとなれば、日本にいる家族が代わりにチャージすることも可能!

NEOMONEY

住むところのはなし

タイに来てから住むところを探す場合には、事前に1週間分のホテルを予約しておくことがおすすめです。

日本の旅行代理店からも予約できますが、旅行代理店の人はタイのことを知らずに現地の会社に丸投げしている場合もあるので注意しましょう。

わたしの場合は、当初大手代理店に紹介されたホテルに宿泊しましたが、立地もかなり悪く、お風呂の蛇口から茶色の水が出るようなホテルで最悪でした。

ということで、わたしが両親や友達がタイへ遊びに来るときに使う『格安ホテル~いいホテル』までがわかるサイトを載せておきます。写真や口コミも参考になるのでぜひ。

国内&海外の格安ホテル検索『トリバゴ』

【Booking.com】世界のホテル割引予約

 







-タイで暮らす
-,

Copyright© タイで働く , 2019 All Rights Reserved.