現地採用として働く

タイのカスタマーサービスの求人分析と平均月収から見る実情

更新日:



タイの求人で最も多いのが、営業職、事務職、そしてカスタマーサービスです。その中でも、今回はタイのカスタマーサービスに絞って書いていこと思います。

カスタマーサービスには、コールセンターの他、不動産、ショップ店員、旅行会社等さまざまな職業が入っています。タイのカスタマーサービスに関する求人50件を分析してまとめていきます。

月収

タイのカスタマーサービスの求人を分析した結果、平均月収は56,000B、中央値は55,000Bとなりました。

月給の分布をグラフに表すと。

カスタマーサービスの求人に関するグラフ①お給料

ニック
1番多い求人は50,000B代だけど、50,000B未満の求人が10%超えているのも特徴的だね。
メーオ
カスタマーサービスの場合、ほとんどがシフト制だよ。そして、夜勤の職業もあるんだって、ちゃんと確認しないとね!

仕事内容

募集しているカスタマーサービスの仕事内容は下記の結果になりました。

主に、在タイ日本人向けサービスか、コールセンターのように日本からの問い合わせに対応するサービスに分けられます。

メーオ
カスタマーサービスはコールセンターだけではないんだね!

応募の年齢制限

求人票に記載されている年齢制限を見ていきましょう。

カスタマーサービスの求人に関するグラフ③年齢制限

40歳まで応募できる求人は半数以上ありました。45歳以上でも18%以上の求人に応募できるようです。

ニック
年齢に関しては、ほかの職種に比べて寛容だと言えるね。

カスタマーサービス経験と社会人経験

募集条件として、求人票上『カスタマーサービス経験または社会人経験』に関する情報は下記の結果になりました。

調査した求人の28%がカスタマーサービス経験または、社会人経験を求めています。72%以上が経験について明記していませんでした。

ニック
コールセンターなどのBOI(投資推奨委員会)の認可を受けている会社の場合には、ビザやワークパーミットの要件が緩和されていることもあり、社会人経験が少なくても働けることが多いんだよ。
メーオ
そうなんだ~。新卒や社会人経験2年未満の人でも応募できる求人があるのは、この職種ならではなのね。

求められる語学

求人票上の語学に関する記載は下記の結果になりました。

72%の会社が応募者に語学スキルを求めていることがわかります。

そして、語学が必要と記載した会社のうち、英語・タイ語の両方、または英語・タイ語のどちらかが必要かどうかは次のとおりです。

カスタマーサービスの求人に関するグラフ⑥語学

1番多い求人は「タイ語・英語いずれかが必要」31%、次いで「英語が必要」53%でした。そのため、英語ができれば84%の求人に応募できると言えます。

プー
やっぱり海外で働くなら英語ができたほうがいいのね!
メーオ
もちろん、日本人顧客のコールセンターは語学不問が多いよ!そのため、英語タイ語ができないとコールセンターを紹介されることも多いんだよ。

まとめ

カスタマーサービスでの求人は、年齢経験問わず応募する敷居は比較的低いと言えます。

新卒でも求人はありますが、タイでの社会人経験は日本で転職する際に社会人経験とカウントしない会社もあるため、よっぽどタイで働く理由がない限りおすすめしません。

まずは日本での就職を検討したほうがいいでしょう。

 

関連記事

タイの事務職の求人分析と平均月収から見る実情

タイの事務職の求人分析と平均月収から見る実情

タイのIT関連職の求人分析と平均月収から見る実情







-現地採用として働く
-,

Copyright© タイで働く , 2019 All Rights Reserved.