現地採用として働く

タイ現地採用の場合、日本の年金はどうすればいいのか

更新日:



タイで働く場合にも、日本の年金に加入しなくてはいけないのか、加入できるのか等、色々悩みますよね。

タイ現地採用として働く場合の日本の年金に関してまとめました。

国民年金の強制加入被保険者

国民年金に加入しなければならない人は、

日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の人です。

タイで働くのであれば、通常、日本国内に住所はないものと思いますので、日本の年金に加入する必要はありません。

メーオ
住所を有するって?
ニック
いろいろなケースがあるから一概には言えないけど、基本は住民票の有り無しで判断されるよ。

国民年金の任意加入被保険者

国民年金に任意で加入できる人は、

20歳以上65歳未満の日本国籍を持っている人です。

タイに住んでいて、日本に住所を有しない場合にも任意で国民年金に加入できます。

メーオ
任意加入の申出場所は、最後の住所地を管轄する年金事務所または市区町村窓口だよ。

受け取ることが出来る年金の種類

老齢基礎年金

老齢基礎年金は、保険料を納付した期間と保険料が免除された期間の合計が10年以上である場合、65歳になったときから受け取ることができる年金です。

障害基礎年金

障害基礎年金は、病気やケガによって生活や仕事などが制限されるようになった場合に、受け取ることができる年金です。

遺族基礎年金

遺族基礎年金は、年金を収めていた方が亡くなったときに、その方によって生計を維持されていた遺族が受け取ることができる年金です。

その他、受け取ることができる年金として、寡婦年金・障害一時金もあります。

プー
年を取ってからもらえる老齢年金のことしか知らなかったです。
ニック
年金と聞くと、老後の生活のためというイメージが強いけど、保険としての役割も考えたうえで加入をするか検討したいね。
メーオ
ゆくゆくは日本で、と考えていても。老年金は10年の支払いや猶予年数がないと年金がもらえないの。年数が足りなかったってことにならないように、ここは注意が必要ね!

保険料・保険料を納める方法

保険料は、月額16,490円です。(平成29年度)

保険料の納付方法には、

  1. 国内にいる親族等の協力者が本人の代わりに納める方法
  2. 日本国内にある銀行口座から引き落とす方法

が、あります。

また、国民年金に任意で加入した人も、月額400円を保険料に上乗せし、将来受け取る老齢基礎年金を増やすことができる付加保険料を納めることが出来ます。

200円×付加保険料を納付した月数 の金額分、将来受け取ることが出来る年金の年受給額が上乗せされます。

ニック
詳しくはそれぞれの窓口で確認しよう。

帰国したときの手続き

20歳以上60歳未満の人が日本に帰国した場合、日本国内に住所を有することになりますので、任意加入ではなく、強制加入となります。

国民年金に任意加入していた人が、強制加入となる場合には、変更の手続きが必要となりますので、転入された市区町村窓口にて手続きを行う必要があります。

プー
まずは市役所で相談が必要ね!

配偶者に関する年金

次は、タイで働く現地採用者の配偶者に関する年金についてまとめました。

配偶者が日本人の場合

現地採用者と同じ取り扱いになります。

すなわち、日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の人であれば、年金に加入する必要があります。(強制)

また、日本国内に住所を有していない場合にも、国民年金に任意で加入することが出来ます。

配偶者の住んでいる国 国民年金
日本 加入しなければならない
タイ 任意で加入することができる

配偶者がタイ人の場合

国民年金に加入しなければならない人は、日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の人のため、日本に住所を有するのであれば、年金に加入する必要があります。

次に、国民年金に任意で加入するためには、任意加入の要件として、日本国籍が求められます。

日本国内に住所を有しない場合には、原則、日本の年金に加入することができません。

配偶者の住んでいる国 国民年金
日本 加入しなければならない
タイ 任意加入することが出来ない







-現地採用として働く
-

Copyright© タイで働く , 2019 All Rights Reserved.