現地採用として働く

タイで働く営業職のキャリアアップについて考える

更新日:



タイで働いている営業職の将来のキャリアコースについて一緒に考えていきましょう。将来を考えるときのキャリアプランの参考にしていただけると嬉しいです。

タイ法人の責任者を目指す

タイ法人とはタイ現地の会社で、まずはその中で責任者(会社の社長)を目指す方法です。

メリットとデメリット

メリット:一度責任者としての経験を積むと、ほかの会社に同じポジションで転職しやすい。

デメリット:責任者になるまでの道のりが険しい。

目指す方法

目指す方法としては、駐在員登用制度のある日系タイ法人に転職、または日本で駐在員としての求人を探す方法があります。

ニック
基本的に、タイ法人の責任者は駐在員が多いんだ。
プー
駐在員じゃなきゃいけないの!?
ニック
もちろん駐在員じゃなくて、脱サラして起業する人もいるよ!

必要な経験とスキル

マネジメント経験と、従業員とのコミュニケーションをとるための日常会話レベルのタイ語スキルが必要となります。

日本人や外国人は特に、すでにポジションがある程度決まっています。タイは法律でおもに日本人が前面に出て仕事をすることはできないので、タイ人の上に付く指示役的なポジションが多いです。

またタイの法律では、外国人1人に対しタイ人4人を雇わなければいけません。必然的にタイ人と働くことになり、そこは避けては通れません。仕事をする上で、タイ人との円滑なコミュニケーションや的確な指示出しが重要になってきます。

マネジメント力を勉強したい人におすすめの本

責任者として避けては通れない決算書!

おすすめの資格

  • 簿記2級
  • 中小企業診断士
  • ファイナンシャルプランナー2級
プー
営業スキルだけじゃなくて、決算書を読むことも必要なのね!

トップセールスマンを目指す

メリットとデメリット

メリット:インセンティブ制度のある会社だと給与が非常に高い。

デメリット:結果を常に出し続けること、ノルマが辛い。

メーオ
常に挑戦し続けることが好きな人におすすめ。

おすすめの資格

語学にプラスその業種に関する資格

ニック
例えば、ITならITパスポート、不動産なら宅地建設取引士とかかな。

タイでのキャリアを活かして日本で別の職種に転職する

例えば、企画、マーケティング、人事に転職する方法です。

メリットとデメリット

メリット:タイで働くよりも給与、福利厚生面で有利。

デメリット:タイから帰国する必要がある。

永住組ではなく、ゆくゆくは日本で生活をしようと思っている人も多いですよね。

目指す方法

日本の人材紹介会社に登録し、求人に応募するのがいいでしょう。

ニック
最低3年以上の社会人経験が必要。営業からほかの職種は日本でも出世コースだよ

★おすすめの人材紹介会社★

リクナビNEXT

転職者の約8割が利用しており、リクナビNEXTにしかない求人が非常に多いため、ほかの人材紹介会社との併用もおすすめです。

また、会員登録することで受信できるGOODポイント診断は、診断に答えることで強みが見え、診断結果は自己分析にも活用できます。

メーオ
企画、マーケティング、人事など、どの職種にするか迷っている人にもおすすめね。

★おすすめの人材紹介会社★

JAC Recruitment

日系企業・外資系企業および、国内・海外の求人を取り扱っていて、アジアで最大級のネットワークを持つ転職サイトです。海外に詳しいコンサルタントが転職までサポートしてくれます。

メーオ
海外勤務経験についても、日本で転職の際のどう評価されるのか相談できるのもいいね。
ニック
人材紹介会社によって持っている求人が異なるため、最低2つほど登録しておいた方がいいよ。

カリスマ性やプレゼン力を磨きたい人におすすめの1冊

おすすめの資格

  • 秘書技能検定
  • ビジネス実務マナー検定

などのビジネスマネーの資格がおすすめです。

メーオ
ずっとタイで働いていると、自分では気づかないうちに対応がタイ人化してくる人が多いの。日本のビジネスマナーをわかっているって証明は大事。それをわかった上で、海外勤務経験があるのも評価されそうね!

 

営業マンは一度は読んでおきたい面白い一冊

amazonでみんなが欲しい本3位!消費者の行動経済学が学べる一冊

 

関連記事

タイの営業職の求人分析と平均月収から見る実情

タイで働く事務系のキャリアアップについて考える







-現地採用として働く
-,

Copyright© タイで働く , 2019 All Rights Reserved.