現地採用として働く

タイで働く事務系のキャリアアップについて考える

更新日:



タイで働いている事務系に務めた場合の、将来のキャリアコースについてまとめて行こうと思います。

将来を考えるときのキャリアプランの参考にして下さい。

タイ法人のアドミンマネージャーを目指す

タイの現地の会社で、一般管理職のマネージャー(=アドミンマネージャー)を目指す方法です。

メリットとデメリット

メリット:一度責任者としての経験を積むと、ほかの会社で同じポジションに転職しやすい

デメリット:アドミンマネージゃーになるまでの道のりが険しい

ニック
日本人のアドミンマネージャーを雇える規模の会社はタイでは非常に少ないんだ。

目指す方法

会計・法務・人事に関する幅広い知識を習得し、実務経験を積む必要があります。タイでは英語の文章も多いから、ビジネス英語の読み書きを身につけておくのがいいでしょう。

英文の書類や契約書が読めるようになるとポイントが高いよ!

おすすめの資格

  • 簿記2級
  • TOEIC
  • MOS Excelスペシャリスト(ワードもあり)
プー
やっぱり語学力も必要なのね!

タイでのキャリアを活かし日本で転職する

日本の事務職に関しては圧倒的に実務経験年数がある方が、優遇されます。空いた時間は資格の取得に時間を使うのがおすすめです。

メリットとデメリット

メリット:タイで働くよりも給与、福利厚生面で有利

デメリット:年齢により、キャリアや資格を積んでおかないと転職しにくい

目指す方法

日本の人材紹介会社に登録し、求人に応募します。

ニック
キャリアによって登録する人材紹介会社を変えるのがいいよ。

★社会人経験がある場合のおすすめの人材紹介会社★

リクナビNEXT

転職者の約8割がりようしており、リクナビNEXTにしかない求人が非常に多いため、ほかの人材紹介会社との併用もおすすめです。

また、会員登録するとこで獲得できるGoodポイント診断は、診断に答えることで強みが見え、診断結果は自己分析にも活用できます。

メーオ
迷ったらリクナビNEXTに登録しておきたいね!

★20代のキャリアに強い人材紹介会社★

マイナビジョブ20’s

20代の転職市場に詳しいキャリアアドバイザーが、入社までサポートしてくれます。適正診断やキャリアカウンセリングも無料で提供してくれるので頼もしい紹介会社です。

ニック
人材紹介会社によって持っている求人が異なるため、最低2つほど登録しておいたほうがいいよ!

給与計算の事務手続きはできるようになっておこう!

おすすめ資格

  • 秘書技能検定
  • ビジネス実務マナー検定
  • ビジネスキャリア検定
  • MOS Excelスペシャリスト(ワードもあり)

などのビジネスマナーの資格がおすすめです。

メーオ
日本に戻った時にキャリアアップするためにも、事務職に必要な実務資格はとっておくのがいいね!
ニック
経理事務を目指すのであれば日商簿記2級、外資系を目指すならTOEICは押さえておきたいね。

 

これから事務を目指すなら最低限のスキルを身に着けるのがおすすめ!

 

関連記事

タイの事務職の求人分析と平均月収から見る実情

タイで働く営業職のキャリアアップについて考える

 







-現地採用として働く
-,

Copyright© タイで働く , 2019 All Rights Reserved.