駐在員として働く

タイで駐在員として働きたいと考えている人へ

更新日:



「海外で駐在員として働きたい」

「タイで働いた経験があり、駐在員として働きたい」

いろんな理由があると思います。

多くの人は、タイで駐在員として来ていて、本帰国することになった方が多いのではないでしょうか。タイで暮らしたい、タイで働きたいと思い会社を辞め、駐在として来れる会社に転職を考えている人かもしれません。

また、初めてタイで就職を考えていて、現地採用より駐在員として働いた方がいいのかもしれないと悩んでいる人もいるかもしれません。

今回の記事では、タイで駐在員としての就職を考えている人に向けて、書いていこうと思います。

タイ駐在員として働くことのメリットとデメリット

メリット

一般的に、日本で働いた場合に貰えるお給料額にプラスして、住宅手当や海外勤務手当が支給されるため、金銭的な余裕。また、基本的にタイで運転をすることを禁止にしている会社が多く、運転手をつけることが多いです。

待遇の良さはメリットとして挙げられます。

会社の用意する住居は、バンコクでは高級コンドミニアムやアパートが多く、日本では到底住むことができないような場所に、運転手付きで住むことがでるので憧れる人も多いですね。

帰国後は、駐在として働いたことがキャリアとして比較的高く評価されるため、出世に関する評価があがることや、また有利な条件で転職することもできるそうです。

デメリット

日本の祝日は、タイの平日なため当然仕事があります。しかし、タイの祝日は日本の平日のため、日本からおかまいなしにメールや電話が来ます。

仕事は日本の企業に比べハードになるでしょう。

また日本からの出張者が多い時期には、土日も出張者の接待に駆り出され、飲み会が続くことも多々あります。休みがうまく取れず、職場では日本の会社と現地法人との板挟みが多く精神的な負担(ストレス)になる人もいます。

仕事の他、仕事の忙しさに家庭が崩壊するケースもあるので心に留めておきましょう。

メーオ
旦那さんが久々のおやすみ!とか今日も遅い。なんてことはよくあるみたい。日本よりも忙しそうなイメージがあるよ

どんな人が駐在員に向いているのか

リーダーシップと柔軟性を兼ね備えた人です。

タイの労働法により、日本人がタイで働くためには、日本人1名につきタイ人4名の雇用が必要とされています。

そのため、駐在員として採用されるためには、最低4人以上の従業員をまとめるだけのリーダーシップが必要とされます。

また、日本ではないため、タイ人にはタイ人の働き方があり、どちらの方が良い・悪いでなく、タイ人の働き方を理解する必要があります。

ニック
ある程度タイ語や英語が出来るようにならないと、タイ人に相手にされなくなることもあり、会社で孤立してしまうこともあるよ。
メーオ
通訳さんがいる会社もあるけど、全てではないの

どのように求人を見つけるのか

一般的に下記の2通りの方法があります。

  1. 駐在員登用制度のある会社に現地採用として採用され、駐在員へ切り替える方法
  2. 日本でタイ駐在員になれる求人を見つける方法

現地採用として採用され、駐在員へ切り替える

駐在員登用制度のある会社に現地採用として採用され、駐在員へ切り替える方法です。

これは求人の絶対数が少ないため、将来駐在員への切り替えが本当に行われるのかが不確実です。現地採用として働くことを目指さない人にはおすすめできません。

日本でタイ駐在員になれる求人を見つける

日本でタイ駐在員になれる求人を見つける方法です。

日本で求人を探す場合には、海外の日系企業に関する求人に強い人材紹介会社に登録する必要があります。

海外の求人を豊富に扱っている人材紹介会社はこちら

JAC Recruitment

リクルートエージェント

また、日本でタイ駐在員になれる求人には2パターンあります。

  1. タイ赴任前提の求人
  2. 国際事業部等のタイに限らず海外赴任の可能性のある部署の求人

①のタイ赴任前提の求人であれば採用後、日本で研修を受け、タイ赴任になることが多いようです。

すでにタイに進出したい事業が決まっているものの、自社内に語学スキルのある社員や、海外の赴任させるまでの人員がいないため、タイ赴任前提の社員を補充したい背景がある場合が多いです。

その場合のおすすめは『JAC Recruitment 』です。

海外への転職に強く、英文レジュメの無料添削や英語面接対策など、アジア最大級のネットワークを持つ人材紹介会社でさまざまなサービスを提供しています。

②の国際事業部等のタイに限らず、海外赴任の可能性のある部署の求人は、就職後、自ら海外赴任の希望を出していく必要があります。

信用を得るために何年も掛かる場合もあり、もちろん赴任できない場合もありますが、国内の求人案件であるため、①の求人よりは求人数が多く、転職を狙いやすいのが特徴です。

また、いったん国際事業部等に就職後、スキルを磨きつつ、タイ赴任前提の求人を待つという手も考えられます。

その場合のおすすめは『リクナビNEXT』です。

転職者の約8割が利用しており、リクナビNEXTにしかない求人が非常に多いため、他の人材紹介会社との併用もおすすめです。

もちろん、人材紹介会社によって持っている求人が異なるため、最低2つほど登録しておくことがおすすめです。

まとめ

の3つ登録の登録がおすすめです。

仕事がハードであることのデメリットや、採用までの狭き門ではありますが、それを上回るだけの金銭的、キャリア的なメリットがあります。

駐在員として働くことを考えている人は、まずは実際にどんな求人があるだけでも確認してみてください。

 

 

今回のおすすめの一冊

海外駐在員になることが決まった。これから目指している人に読んで欲しい。中々知られない海外駐在員の家族の精神面、ストレス、疲労や悩みなどのメンタルヘルスについて書かれた一冊。

 

関連記事

タイ駐在員の場合、日本の年金はどうなるのか

タイで就職するときに確認しておきたい6つのこと







-駐在員として働く
-,

Copyright© タイで働く , 2019 All Rights Reserved.